ストックデザイン・デコパーツの使い方

return.pngreturn.png



ストックデザイン・デコパーツ使い方
使い方はとっても簡単!
そのままでも!文字を差し替えても!組み合わせてもOK!


check_title.png
check1.pngcheck1.png
check2.pngcheck2.png
check3.pngcheck3.png
check4.pngcheck4.png


check_sub_title1.png


tag_design.png

カテゴリーから、使いたいストックデザイン・デコパーツを選びます。
デザインの右上にある番号がストックデザインNo.です。
ストックデザインNo.はオーダー用紙を書くときに使います。

sd_dsign.png

line2.png

sd_word_change.png

tag_font.png

・デザインの中にあるオレンジ色の文字は、
 お好きな文字に差し替えができます。
 例:ZERO ONE HIGH → OBARA CLASS
 また、文字が不要の場合は、文字を消して使うこともできます。
・ストックデザインの見本は2色に色分けされていますが、
 1色でのプリントも可能です。
・ワンポOKマークは、ワンポイントに縮小できます。
・ローマ字表記の部分は英字専用書体を使用しています。



check_sub_title2.png

tag_deco.png

カテゴリーの中からデザインを選びます。
デコパーツの大きさは、全て指定可能です。
デザインが小さくなる場合、細かい部分が潰れる場合があります。

deco_img1.png



check_sub_title3.png



tag_mix.png

ストックデザイン・デコパーツは組み合わせて使うことができます。

sd_mix.png

line2.png

sd_original_mix.png

tag_original.png

ストックデザイン・デコパーツは、
オリジナルデザインと組み合わせて使うことができます。
例えば、デザインのハートや星だけをデコパーツにする
という使い方もできます。



check_sub_title4.png

tag_advice1.png

同じデザインでも、ベタ(塗りつぶし)とヌキを変えるだけで、
見え方が大きく変わります。

生地やインクの色によって見た目が変わってしまうデザインは、
フチどりすると見やすくなります。
図の右イラスト:髪の毛と顔のパーツはTシャツの地の色(ブラック)

ad_paint.jpg

line2.png

ad_color.png


tag_advice2.png

ウエアの色も1色のベタと考えると、色数を節約できます。
色数が減ると料金を抑えることができるので、
安くプリントしたい方にオススメの方法です。

line2.png



tag_advice3.png

特殊インクは、大きなベタ面上で最大限の効果を発揮します。
反対に、細かいデザインにはあまり向いていません。

ad_option_ink.png

line2.png

ad_design_size.png

tag_advice4.png

1つの面のデザイン同士が離れすぎていると、
版(プリントに必要な型)の大きさ(35×28cm)が足らず、
同色でも複数版必要になる場合があります。(その分料金が上がります。)
版の範囲外に出たデザインを1版の範囲(図の白い点線部)に
収まるように作ると、1枚の版で複数同色のデザインがプリントできます。
※版の大きさは、ウエアやサイズによって変わります。